脇の脱毛ケアが億劫ならば、思い切って処理の仕方を変えてみよう

薄着になる季節もそうですが、最近では寒い時期でも、比較的肌の露出が多い衣服を着ることもあるかと思います。
男性もそうですが、女性だとなおの事「ムダ毛」というものを気にするのではないでしょうか。

 

男性だとヒゲであったり、腕やすねなどが多いでしょうが、女性だと全身あらゆる箇所が気になると思います。
そんな中でも、特に気を遣うのは「腋毛」ではないでしょうか。

 

腋毛の処理

 

腋毛の処理は皆さんどうしていますか?おそらくは自宅で、ピンセットなどで抜いたり、カミソリなどで剃ったりされていると思います。
最近は男性用のシェーバーのようなものあり、随分とお手軽に処理できるようになっていますよね。

 

それでもやはり、ほぼ毎日のように自身でケアしないといけないでしょうから、億劫になることもあると思います。
ではいっそのこと「染めてしまう」というのはどうでしょう。海外のセレブなどの間で流行している処理法らしいです。

 

明らかに体毛とは違う色の青や緑に染め上げ、ふさふさと生やしている画像も検索すると多数見つける事ができます。
元々剃らない国も存在しますし、流行の最先端で、一周回ってとても良い結果になるかもしれません。

 

が、そういうわけにもいかないし、やはり普通に「脱毛」したいな、でもめんどくさいな、とお思いならば、思い切って「脱毛サロン」に行って、施術を受けてみるという手もあります。

 

 

脱毛サロンに行ってみる

 

最近ではサロンの料金も随分とリーズナブルな価格になり、大分敷居も低くなったと思います。
しかし、言ったことが無ければ色々と不安ですよね。

 

「勧誘とかされたら怖いな」とか、「ちゃんと効果があるのかな」とか、「変な病気とかなったらどうしよう」など、何かと悩みは尽きません。
しかし、ちゃんと看板を出しているお店ならば概ね大丈夫のはずです。

 

勿論店舗にもよるとは思いますが、あまり過剰に心配する必要は無いと思います。
よく、「お金がない」「時間が取れない」といった意見も目にしますが、料金はワンコインとまではいきませんが、500円前後というところまで下がっています。

 

この料金は、「一回」の処置の料金ではなく、一度の「脱毛」に対しての価格となります。
つまり、「脱毛」し終るまで、何度通っても追加料金は発生しません。

 

施術時間もたったの30分といったくらいだそうで、買い物のついでにでも済ましてしまえそうですね。
しかも、発毛の関係で、そう頻繁に通うこともありません。脱毛するものが無ければ処置できませんものね。

 

およそ2〜3ヶ月に一度程度の頻度で良いそうです。

 

 

処理の仕方

 

サロンで施術する脱毛法には主に3つあり、「光」「レーザー」「ニードル」といった物があります。
光やレーザーは10〜14日程度で実感が出てくるようです。毛を引っ張るとするりと抜け落ちるそうです。

 

ニードルは少し早く、7〜10日程度で、まばらに抜けはじめ、2週間でつるつるになるそうです。
しかし、一回やったからと言ってそれで終わりではなく、続けて通う必要があります。
脱毛の手順としては

 

施術で腋毛を弱らせる。これにより毛が細くなっていく。
発毛ペースが遅くなり、範囲も減り、全体として薄くなっていく。
毛穴が閉じ、完全に生えなくなる。

 

とあり、最終的に、光は1年程度、ニードルでは一年以内に、レーザーはその中間くらいの時間がかかるそうで、概ね一年が目安のようです。
2〜3ヶ月に一度の施術が必要なので、5〜6回はサロンを訪れることになりそうですね。

 

また、自己処理のしすぎだと、より時間がかかることもあるそうです。

 

男性だけでなく、女性の目も気になる「脇事情」。何もしないで入れれば一番いいのに、と考えることも多いでしょう。しかし、そういうわけにもいかない、こともないのです。

 

何もしなくても良くなるのです。一度思い切って「脱毛サロン」の扉を叩いてみては如何でしょうか。